1. 幹線道路
  2. 特殊舗装
  3. 空港維持
  4. 環境関連事業
  5. 生活道路
  6. 太陽光発電

特殊舗装

例えば、「透水性保水型舗装」
透水性があり保水性にも優れた道路は、雨水を地下へと還元し、集中豪雨の際には河川への雨水流入を抑制し、洪水被害を防ぐことができます。

私たち協和道路は「カラー舗装」「涼土」などの特殊舗装技術の取り入れや道路舗装で洗練された技術によって、路を彩るカラー舗装、透水性と保水性を向上させたグラウンド、公園の遊歩道、テニスコート、ミリ単位の精度が求められる競輪場のバンク舗装等を手がけてきました。

ある時は機能を追及し、ある時は美しく、ある時は人にやさしく、“人が、地域が、活きる路”をつくる技術を日夜磨いているのです。

※涼土(透水性保水型土系舗装)(NETIS QS-060005国土交通省九州地方設備局新技術登録)

主な実績